リッドキララ 使い方

「リッドキララ」の使い方

 

下垂した加齢まぶたの最終手段リッドキララ

 

まぶたの引き締め専用成分と肌のダメージを保護する成分の働きで、若々しい印象のまぶたに導くとともに、肌を土台から整えて長年のダメージからパワフルに保護します。

 

そんな「リッドキララ」は使い方によって、より効果が実感しやすくなるのですが、それにはちょっとしたコツが必要です。

 

こちらでは「リッドキララ」の効果的な使い方をご紹介しています。

 

「リッドキララ」の効果的な使い方を知って、パッチリ輝く目元を演出しましょう。

 

「リッドキララ」の効果的な使い方

それでは「リッドキララ」の効果的な使い方について、ご紹介していきますね。

 

「リッドキララ」の使用回数

 

 

「リッドキララ」は朝と夜の2回、毎日継続してお使いください。

 

リッドキララを付ける前のスキンケア

 

「リッドキララ」を効果的に使うには、まずは使用前の準備段階から意識すると、更に効果が期待できます。

 

洗顔後、化粧水→美容液→乳液→クリームの順に肌を整えます。

 

オールインワン化粧品も「リッドキララ」の前に使用します。

 

いつものスキンケアが終了したら、すぐに「リッドキララ」を付けるのではなく、お化粧品の成分が肌になじむまで、しばらくそのまま待ちます。

 

そうすることで、すぐに「リッドキララ」を塗るよりもジェルの浸透力を上げ、より効果を得やすくなります。

 

「リッドキララ」の使い方の手順

 

「リッドキララ」1回の使用量

「リッドキララ」1回の使用量は、1プッシュを左右両方のまぶたに分けて使用します。

 

1.ジェルをつける

「リッドキララ」を1プッシュ手の甲にとり、半分の量を片方の上まぶた4カ所にのせていきます。

 

目頭や目尻のギリギリまで使用すると、ジェルが目に入りやすくなります。
意図せずジェルが目に入らないよう、ご注意ください。

 

 

2.引き上げながらのばす

片方の手で肌を引き上げながら、目頭からこめかみに向かって伸ばします。

 

次に目尻の横からこめかみまで、目元を引き上げるように、優しく指を滑らせるようにしてジェルを伸ばします。

 

 

<POINT>
肌を引き上げるように指先を滑らせ、こめかみの位置でそのまま5秒ほど引き上げた状態をキープしてください。

 

3.ジェルを浸透させる

肌を引き上げたまま、もう片方の手で5〜10秒やさしくおさえ、美容成分を浸透させます。

 

 

「リッドキララ」は濃密なテクスチャーですが、ベタつきが無くなるまでしっかりなじませる事が効果を実感するためのポイントです。即効性も期待できますが、毎日継続してお手入れをすることで、より効果を感じやすくなります。

 

詳しい使い方に関しては商品と一緒に、わかりやすく写真付きのパンフレットが同封されいます。

 

「リッドキララ」の公式サイトでも、使い方に関して動画が提供されていますので参考にしてみてくださいね。

 

▼▼▼「リッドキララ」の効果的な使い方【動画】▼▼▼

 

「リッドキララ」使用上の注意点

「リッドキララ」を使用する際には、以下のことに注意してください。

 

「リッドキララ」使用時の注意点

 

・まぶたを強くこすらないように気を付ける

 

・ジェルが目の中に入らないように、目の粘膜ギリギリまでは付けないようにする

 

・ツッパリ感を強く感じたら、肌を引き上げないでそのままなじませるように付ける

 

・誤って目に入ってしまった場合は、すぐに水で洗い流し、違和感がある場合は医師に相談する

 

一般の化粧品にも共通することなので「リッドキララ」を使用する際に、特別気を付けるようなことはありません。ですが、敏感な目の周りで使用する化粧品なので、目の中に入らないように気をつけてください。

 

また、まぶたを強くこすると色素沈着を引き起こす原因となるので、肌に負担を与えないように優しくのばすように使用してくださいね。

 

「リッドキララ」を効果的に使用して、マイナス10歳の若見え印象を目指しましょう(^^

 

>>>「リッドキララ」公式サイト

page top